一戸建てのための本格的な家庭用軟水器

軟水に関する学会発表一覧

Ultra-pure Soft Water Ameliorates Atopic Skin Disease by Preventing Metallic Soap Deposition in NC/Tnd Mice and Reduces Skin Dryness in Humans
(高純度軟化水のNC/Tndマウスにおける金属石鹸付着抑制によるアトピー性皮膚炎の改善とヒトにおける皮膚乾燥の軽減)

肌・アレルギー 論文

雑誌名Acta Dermato-Venereologica
巻・号・頁Volume 95, Issue 7, Pages 787-791
掲載年月2015年9月

要旨

洗浄中に水道水中の無機イオンが石鹸中の脂肪酸と反応することで、皮膚の上で不溶性の沈殿物(金属石鹸=石鹸カス)が形成される。われわれは、金属石鹸が皮膚の状態を悪化させるのではないかと仮定した。アレルギー性皮膚炎を発症するNC/Tndマウスの皮膚に金属石鹸を塗布すると、血漿免疫グロブリンE値が上昇し、炎症性サイトカインの発現を伴う炎症が誘発された。マウスの背部を石鹸とCa2+Mg2+を含まない高純度軟化水(UPSW)で洗浄した場合、かゆみと皮膚の乾燥が改善した。健常ボランティアの皮膚でも、水道水とは異なり、UPSWで洗浄すると金属石鹸の付着が抑制された。さらに、乾燥肌のヒト被験者がUPSWを用いたシャワーを4週間継続すると、皮膚の乾燥とかゆみが緩和した。UPSWでの洗浄は、皮膚疾患を有する患者の治療に有益であると考えられる。


(原文)

Mineral ions in tap water react with fatty acids in soap, leading to the formation of insoluble precipitate (metallic soap) on skin during washing. We hypothesized that metallic soap might negatively alter skin conditions. Application of metallic soap onto the skin of NC/Tnd mice with allergic dermatitis further induced inflammation with elevation of plasma immunoglobulin E and proinflammatory cytokine expression. Pruritus and dryness were ameliorated when the back of mice was washed with soap in Ca2+- and Mg2+-free ultra-pure soft water (UPSW). Washing in UPSW, but not tap water, also protected the skin of healthy volunteers from the soap deposition. Furthermore, 4 weeks of showering with UPSW reduced dryness and pruritus of human subjects with dry skin. Washing with UPSW may be therapeutically beneficial in patients with skin troubles.

<全文は『 Acta Dermato-Venereologica 』のWebサイトから閲覧になれます>

http://www.medicaljournals.se/acta/content/?doi=10.2340/00015555-2083&html=1


アーカイブ

このページの上部へ