一戸建てのための本格的な家庭用軟水器

軟水に関する学会発表一覧

Antifungal effects of palmitic acid salt and ultrapure soft water on Scedosporium apiospermum
(Scedosporium apiospermumに対するパルミチン酸塩と高純度軟化水の抗真菌効果)

動物 論文
雑誌名 Journal of Applied Microbiology
巻・号・頁 Volume 115, Issue 3, Pages 711-717
掲載年月 2013年9月
要旨

【目的】
Scedosporium apiospermumは、免疫不全の皮膚において重度の感染症を引き起こすことがある。S. apiospermumに対する石鹸中の脂肪酸塩の抗真菌効果を、様々な水質条件下で調査した。
【方法と結果】
高純度軟化水(UPSW)は、陽イオン交換樹脂を備えた軟水器で生成した。UPSWにおいて、カルシウムイオンとマグネシウムイオンは、ナトリウムイオンに置換された。蒸留水(DW)、水道水(TW)、UPSW中で、石鹸に含まれる様々な脂肪酸塩とともにScedosporium apiospermumを培養した後、その真菌数を計測した。それら脂肪酸の中でパルミチン酸(C16)塩がS. apiospermumの数を減少させた。UPSWは、S. apiospermumに対するC16の抗真菌効果を高めた。UPSW中のカルシウムイオン・マグネシウム両イオンの欠乏および塩化ナトリウムの存在がその抗真菌作用に関与していた。加えて、UPSWとC16での反復の短期間処理は、S. apiospermumの数を減少させた。
【結論】
S. apiospermumに対するC16の抗真菌効果が証明された。さらに、UPSWの使用は、C16の抗真菌効果を促進した。
【研究の重要性と影響力】
本研究は、UPSWと新規のパルミチン酸石鹸を使用したS. apiospermum感染が関与する病気の予防法を提供する。

(原文)
Aims
Scedosporium apiospermum sometimes causes serious infectious diseases on the skin of immunodeficient subjects. Antifungal effects of fatty acid salts in soap against S. apiospermum were investigated under different water conditions.
Methods and Results
Ultrapure soft water (UPSW) was generated by the water softener with cation-exchange resin. The calcium and magnesium ions were replaced with sodium ions in UPSW. Scedosporium apiospermum was incubated with different fatty acid salts that constituted soap in distilled water (DW), tap water (TW) and UPSW. After incubation, the number of fungi was counted. Among the fatty acids, palmitic acid salt (C16) reduced the number of S. apiospermum. UPSW enhanced the antifungal effect of C16 on S. apiospermum. The absence of both calcium and magnesium ions and the existence of sodium chloride in UPSW were responsible for its antifungal effect. In addition, repeated short-term treatment with UPSW and C16 decreased the number of S. apiospermum.
Conclusions
Antifungal effects of C16 on S. apiospermum were demonstrated. Moreover, the use of UPSW promoted the antifungal effect of C16.
Significance and Impact of Study
This study provides the preventive method for diseases associated with S. apiospermum infection using novel palmitic acid soap in UPSW.

アーカイブ

このページの上部へ